FrontPage

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{amsmath,amssymb}
\pagestyle{empty}
\begin{document}

\begin{center}
{\Large 社会調査法試験問題(解答用紙)}
\end{center}

\textgt{学年(\hspace{4zw})学科(\hspace{8zw})学籍番号(\hspace{14zw})}
\textgt{氏名(\hspace{14zw})}

\textgt{次の各問に答えなさい。}
\begin{enumerate}
\item テストあるいは尺度が、測定しようと意図された当の内容を測っているかどうかを(\hspace{8zw})という。
\item 行政目的のための統計調査を(\hspace{10zw})という。その代表例は、(\hspace{10zw})である。
\item 個別面接調査法では、調査票に記入する人は、(\hspace{8zw})である。
\item 社会的に望ましくない行動の頻度についての情報を得るためには、(\hspace{10zw})クウェスチョンが(\hspace{12zw})クウェスチョンよりもよい。
\item 社会的に望ましい行動については、いつもの行動ではなく(\hspace{6zw})の行動を尋ねるべきである。
\item 国勢調査は、(\hspace{6zw})を調査の単位とし、日本に在住する者すべてを対象とする調査である。
\item 郵送調査法の問題点の一つは、(\hspace{8zw})が低いことである。
\item 調査票の最初に、心理的な抵抗感を感じるような質問を置くべきではないので、「(\hspace{10zw})・シート」(個人の属性を尋ねる質問の部分)の位置は、調査票の(\hspace{6zw})が原則である。調査票の最初の部分には、「(\hspace{12zw})質問」(集計する予定のない質問)を置くことさえある。
\end{enumerate}
\vspace{2zh}

\textgt{計算問題}
\begin{enumerate}
\item ある試験で100点が60人、0点が40人いたとき、その試験の平均点と標準偏差を求めよ。
\item 比率の差の検定で、$t=\frac{p_1-p_2}{\sqrt{ P(1-P) \cdot ( \frac{1}{n_1}+ \frac{1}{n_2}) } }$が約1.96となるのは、$p_1$と$p_2$がいくつの場合か。ただし、$n_1=100$、$n_2=150$とする。$P$を任意に仮定して考えよ。
\end{enumerate}
\end{document}


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-07-04 (火) 21:15:38 (4905d)