社会福祉調査法

平成15年
介護サービス施設・事業所調査結果の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/service03/index.html

結果の概要

1 総括

(1) 開設(経営)主体別事業所、施設の状況
 居宅サービス事業所を開設(経営)主体別にみると、訪問介護、痴呆対応型共同生活介護、福祉用具貸与は「営利法人(会社)」が多く、訪問入浴介護、通所介護、短期入所生活介護では「社会福祉法人」、訪問看護ステーション、通所リハビリテーション、短期入所療養介護では「医療法人」が多くなっている。(表1)
 介護保険施設を開設主体別にみると、介護老人福祉施設は「社会福祉法人」が88.9%と最も多く、介護老人保健施設及び介護療養型医療施設は「医療法人」が73.1%、74.7%と最も多くなっている。(表2)

2) 定員(病床数)、在所者の状況
 介護保険施設について、定員(病床数)をみると、介護老人福祉施設は346,069人、介護老人保健施設は269,524人、介護療養型医療施設は 139,636人となっており、在所者数は、それぞれ341,272人、245,268人、129,365人で利用率は3施設とも9割を超えている。(表3)

3) 要介護度別利用者、在所者の状況
 要介護度別利用者・在所者数をみると、居宅サービス事業所の訪問系サービスでは、訪問介護は「要介護1」が多く、訪問入浴介護は「要介護5」が多くなっている。また、通所系サービスでは、各事業所とも「要介護1」が多くなっている。介護保険施設では、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設は「要介護5」が多く、介護老人保健施設では「要介護4」が多くなっている。(表4)


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-07-09 (日) 17:03:29 (4757d)