社会調査法

授業内容(社会調査法)

  1. 社会調査の定義、社会調査の種類と方法
  2. 社会調査の種類(1)統計的調査と事例調査、「量的調査」と「質的調査」
  3. 社会調査の種類(2)つづき
  4. 社会調査の系譜
  5. 社会調査の方法(1)個別面接調査法、配票調査法、郵送調査法、集合調査法など
  6. 社会調査の方法(2)つづき
  7. 社会調査の諸段階(1)調査主題と調査問題、分析の単位
  8. 社会調査の諸段階(2)調査問題と個別的質問、質問の種類
  9. 社会調査の諸段階(3)調査票の作成、プリテスト
  10. 社会調査の諸段階(4)標本抽出法
  11. 社会調査の諸段階(5)つづき
  12. 社会調査の諸段階(6)データの整理と分析の論理
  13. 国勢調査、官庁統計の活用
  14. 社会調査と社会 社会調査の目的、社会的機能
  15. 社会調査の倫理

授業内容(社会調査の設計)

  1. 調査目的と調査方法
  2. 調査方法の決め方
  3. 調査企画と設計
  4. 仮説構成
  5. 全数調査と標本調査
  6. 無作為抽出法
  7. 標本数の決定と誤差
  8. 標本抽出の諸方法
  9. 標本抽出の諸方法(続き)
  10. 質問文・調査票の作成
  11. 質問文・調査票の作成(続き)
  12. 調査の実施方法
  13. 調査データの整理
  14. 調査データの整理(続き)
  15. データの構造


添付ファイル: fileR.png 2187件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-02 (火) 08:20:50 (3483d)