授業の概要

 社会調査は、社会福祉を含む多くの分野において、データ蒐集の主な方法である。社会福祉調査実習は、社会福祉調査法を受講した学生を対象にして、教員の指導のもとに学生が社会調査を実際におこなうものである。実習は、一般の社会調査と同じように、問題の決定と仮説の形成、調査の企画と準備、現地調査、結果の整理と分析、の諸段階からなる。

授業方法

 社会福祉調査実習の授業方法は実習。調査の企画から報告書の作成までの社会調査の全過程を実習を通じて体験的に学習させる。まず、受講生の関心領域を把握したのちに、各受講生に調査の企画書を作成させ、全員でそれらの仮説等を討議させる。次に、実習で取り組むテーマを1つに絞り、調査項目を設定するとともに、そのテーマにふさわしい対象者・地域を選定する。予備調査、調査票の作成、サンプリング等の準備を、調査のテーマや方法に応じておこない、現地調査を実施する。その後、回収された調査票のエディティングや集計をおこない、分析や仮説の検証に取り組み、調査の結果をまとめる。

授業内容

  1. 問題の決定と仮説の形成(1)
  2. 問題の決定と仮説の形成(2)
  3. 問題の決定と仮説の形成(3)
  4. 調査の計画と準備(1)
  5. 調査の計画と準備(2)
  6. 調査の計画と準備(3)
  7. 調査の計画と準備(4)
  8. 調査の計画と準備(5)
  9. 現地調査(1)
  10. 現地調査(2)
  11. 現地調査(3)
  12. 結果の整理と分析(1)
  13. 結果の整理と分析(2)
  14. 結果の整理と分析(3)
  15. まとめ

社会福祉調査実習BLOG 


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-04-18 (金) 13:48:22 (3892d)