社会福祉調査法小試験問題

  1. クロスセクション?調査、コーホート?調査、ケース・コントロール?(症例対照)調査の相違について述べよ。
  2. キャリーオーバー?(持ち越し)効果が生じるような質問の流れの例を挙げよ。
  3. 「社会福祉への関心度」の操作的定義?を考えよ。

2006年6月5日実施

社会調査法小試験問題

  1. 社会調査とはみなしえない「調査」の例を3つあげよ。
  2. パネル調査と(単なる)継続調査とを比較し、パネル調査でないと明らかにできないことはどういうことかを説明せよ。
  3. 郵送調査法の長所と短所とを述べよ。
  4. 国勢調査の対象者と調査単位について説明せよ。
  5. ケース・コントロール(症例対照)調査において、オッズ比が1である場合には、どのような結論を出すか。

2006年6月7日実施

社会学A小試験問題

  1. エミール・デュルケムの『自殺論』は、自殺のどのような側面をどのような方法で探究しようとしたものか。
  2. マックス・ヴェーバーは、事実認識と価値判断との区別についてどのように主張したか。
  3. 戦前の農村家族の機能(鈴木栄太郎)において、今日の夫婦家族制の家族に見られないものを2つ以上あげよ。
  4. 一般世帯の家族類型(世帯の家族類型)において、最近のデータでは核家族世帯はどのくらいの割合を占めるか。
  5. 高齢者の、子との同居率は現在約何パーセントか。

2006年6月20日実施


[ 戻る ]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-22 (土) 18:07:54 (3128d)