#setlinebreak(on)
 
 [[過去の試験問題]]
 
 
 ***2005年度 [#s769f165]
 
 \documentclass{jsarticle}
 \usepackage{amsmath,amssymb}
 \pagestyle{empty}
 \begin{document}
 
 \begin{center}
 {\Large 「社会調査の設計」試験問題(解答用紙)}
 \end{center}
 \textgt{学年(\hspace{4zw})学科(\hspace{8zw})学籍番号(\hspace{14zw})}
 \textgt{氏名(\hspace{14zw})}
 
 \textgt{次の各問に答えなさい。}
 \begin{enumerate}
 
 \item 個別面接調査において、選択肢を提示しない質問に対して相手がなかなか回答しないときに、その場で調査員が、想定しうる選択肢を示して、相手が回答しやすくなるようにするべきか。
 
 \item 郵送調査法の短所として、回収率(返送率)の問題以外にどんなことがあるか。
 \vspace{2zh}
 
 \item 調査単位とは、調査の際の1つのまとまりである。調査で意見や態度についての質問を尋ねることはどのような調査単位の場合に可能か。
 
 \item 順位付けを求める質問は、個々の項目について相手(調査対象者)がどの程度に重要と思っているかを知るためのものか。
 
 \item 満足度の質問は、尋ねる事柄について何らかの接触があり、何らかの期待を持っている人のみを対象とすべきか。
 
 \item 郵送調査で回収された調査票において、選択肢の1つに○を付けることを求めていた質問に対して、複数の選択肢に○を付けている人がいた場合にはどのように処理するか。
 \vspace{2zh}
 
 \item 分割表における独立性の検定(s×t表の関連の検定)において、5未満の期待度数がある場合にはどう処理すべきか。
 
 \end{enumerate}
 \vspace{2zh}
 
 \textgt{計算問題}
 \begin{enumerate}
 
 \item 比率の差の検定で、$t=\frac{p_1-p_2}{\sqrt{ P(1-P) \cdot ( \frac{1}{n_1}+ \frac{1}{n_2}) } }$が約1.96となるのは、$p_1$と$p_2$がいくつの場合か。ただし、$n_1=200$、$n_2=150$とする。$P$を0.6と仮定して考えよ。
 
 \vspace{12zh}
 
 \item スタート番号8、抽出間隔35で系統抽出法をおこない、670の標本を取り出すことができた。最後に選ばれた人の後に30人が名簿に残っていた。名簿の全員の人数(母集団の人数)は何人か。
 
 \end{enumerate}
 
 \end{document}
 
 

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS