\documentclass{jsarticle}~
 \pagestyle{empty}~
 \begin{document}~
 
 \begin{center}~
 {\Large 社会福祉調査法試験問題(解答用紙)}~
 \end{center}~
 
 \textgt{学年(\hspace{4zw})学科(\hspace{8zw})学籍番号(\hspace{14zw})}~
 \textgt{氏名(\hspace{14zw})}~
 
 
 
 \textgt{括弧の中に適切な語句を記入しなさい。}~
 \begin{enumerate}
 \item パネル・サーベイとは、(\hspace{20zw})のことである。~
 \item サンプリング・エラーとは、(\hspace{10zw})にともなう誤差であり、これを少なくするためには、(\hspace{6zw})のサイズを大きくすればよい。~
 \item 個人の属性を尋ねる質問は、調査票の(\hspace{6zw})に置くのが原則である。~
 \item 社会的に望ましくない行動の頻度についての情報を得るためには、(\hspace{6zw})を設けずに回答してもらうのがよい。~
 \item ダブルバーレル質問とは、(\hspace{12zw})のことである。~
 \item (\hspace{12zw})質問は、回答者個人の態度に関する質問である。インパーソナル質問で尋ねた場合とでは、回答に差が見られることがある。~
 \item 単純な無作為抽出法を用いたとき、比率の推定の標本誤差は、次のように与えられる。\\ ~
 $\varepsilon = 1.96 \sqrt{\frac{N-n}{N-1}\cdot \frac{P(1-P)}{n}}$ \\ ~
 この式で、$N$は(\hspace{16zw})、$n$は(\hspace{14zw})、$P$は(\hspace{8zw})を意味している。 ~
 この式の意味は、求める母集団におけるある標識の比率$P$が、標本における比率$p$の前後$\pm\varepsilon$の範囲に入っていると
 断言して(\hspace{6zw})%間違いないということである。~
 \item スタート番号8、抽出間隔20で500人の標本を取り出すことができた。最後に選ばれた人の後に\\13人が名簿に残っていた。名簿の全員の人数(母集団の人数)は(\hspace{10zw})人である。
 \end{enumerate}
 
 \vspace{2zh}
 
 \textgt{計算問題}~
 \begin{enumerate}~
 \item 「2、5、7、10」の平均は6、標準偏差は2.9である。「20、50、70、100」の平均と標準偏差を求めよ。~
 \item 比率の差の検定で、$t=\frac{p_1-p_2}{\sqrt{ P(1-P) \cdot ( \frac{1}{n_1}+ \frac{1}{n_2}) } }$が約1.64となるのは、$p_1$と$p_2$がいくつの場合か。ただし、$n_1=200$、$n_2=150$とする。$P$を任意に仮定して考えよ。~
 \end{enumerate}
 \end{enumerate}~
 \end{document}

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS